日焼け対策するには、活性酸素の分泌をおさせる事です。これをおさえる事で、老化防止にもつながります。

活性酸素の言い方を変えるなら、いわば不安定な酸素の事です。活性酸素の分泌が多くなってしまうと、釘がさびてしまうように、肌を酸化させてしまうのです。

夏になると、外出時は日焼け止めを塗って日焼け対策をする人が多くなりますが、肌が日焼けして黒くなる事よりも、将来紫外線の影響で肌にシミがたくさんできてしまうのも怖いものです。

正しい日焼け対策は、まずは食べる事だと言われています。食べるといっても、ただ食べるのではなく、日焼け対策になるような食材を厳選して食生活に取り入れていく事です。

普段の食事はお肌や身体にとても大きく影響してくるものです。日焼け対策のためには、特にビタミンC、ビタミンE、ビタミンAやリコピンを多く含む食物中心に食べていくといいでしょう。

ビタミンCの代表例と言えば、柑橘系のフルーツやジャガイモ、ホウレンソウなどです。ビタミンEと言えば玉子やレバー、アーモンドなどのナッツ類です。

ビタミンAと言えばかぼちゃ、人参です。リコピンはトマトに多く含まれています。酸化防止になりますし、肌のアンチエイジングに役立ちます。

日焼け対策をする事で、美容や健康に良い成分も積極的にとるようになるので、自分のためにもなるのです。美白ケアにもなりますし、肌の免疫力強化にもなるでしょう。